パソコン・インターネット

2017年9月 7日 (木)

Webライターとして記事作成会社に応募するメリット

Photo

これまで100人以上のWebライターやSEOライターを育ててきた立場で少し書かせていただきます。

多くの既存Webライターの方はクラウド系の募集でデビューされた方も少なくないでしょう。あるいは実践ではほぼ役に立たないライティング資格?的なものをお持ちの方も…

今私個人がWebプロデューサーとして関わっている立場で、Webライターとして基礎から学ぶメリットについて思うことを書きます。

■ライター応募は全くの未経験者でも歓迎される理由

これは一部の記事作成会社でおこなっていますが、OJTで稼ぎながら基礎を学ぶことができます。

どうしても自己流で書いていると、一つの記事構成すらできないWebライターになってしまいます。

応募されてくる方のほとんどはタイトルの意味、リード文の必要性、導線、見出しタイトルの重要性、記事の流れからまとめ…残念ながらこちらの設定したハードルをクリアされている方はまれです。

教える側の立場で言えば、変なクセの付いた応募者を一から…となると大変な時間がかかります。

過去二年間でおよそ2000人ほどのライター応募の方と関わってきました。その中で採用したのは5%未満でした。

そしてその5%のほとんどはWebライター未経験の応募でした。

中にはダイヤの原石のような方の応募も…自分の素質に気づいていない未経験者の方も少なくありません。

今私の関係している記事作成の法人では、またWebライターを育てようと思っております。

興味のある方はこのブログのリンク先からお問い合わせください。

あるいは個人的にメッセージを頂いても対応させていただきます!Webライティングはお金を払って学ぶものではありません。

実践で学びながら、専属ライターとして応募するのがベストです。これだけはお忘れなく。

2017年8月21日 (月)

久しぶりの更新ですが、2017年Webライターに求められるスキルとは?

Shutterstock_139105772


現在弊社は「記事作成」のみの会社ではなく、Webコンテンツ作成会社へとシフトチェンジを行い新たなスターを切りました。

同時に、コンテンツマーケティングの視点からの記事作成を行っています。

これまでの一般的なライター募集は行っておりません。では一般的なWebライティングと何が異なるのでしょうか?

1.Webライターとしてできて当たり前のこと

・Web上での記事に求められるものはまず「読みやすく」、「正確な情報を伝えることです。小説のように名文を残す必要はまったくありません。

「残る」よりも「消費される」ことを意識して執筆をするべきです。

・情報をうまくまとめ要約しつつ、伝えなくてはならない事柄が漏れなく盛り込まれていることがWebの記事には必要となります。

・Webの場合は同時に、検索エンジンにも読んでもらう必要があります。これはユーザーが検索サイトを利用した際に、狙っているキーワードをヒットさせることにつながります。

とここまではできて「当たり前」のスキルの確認です。

2.ユーザーファーストとモバイルファーストの理解

Googleはもうすぐサイトの順位の評価をこれまでのPCサイトから、モバイルサイトのコンテンツを基準にするようになります。

そこで必要になってくるのが、スマホ端末で最後まで読んでもらえる記事コンテンツを作成するスキルです。ライターと言うよりWebディレクターに近い感性が求められます。

コンテンツ構成能力と言ったほうがいいでしょう。

例えば一つのテーマについて書く場合でも

◇ユーザーに「読みたい」と思わせるキャッチコピーセンスのあるタイトルや見出しタイトル+SEO的な目的も理解した構成

これを行うためにはSEOライターとしてGoogleサジェストなどでまずキーワードの抽出

キワードプランナーで検索ボリュームごとにソート

ここで初めて記事構成

これはWebライターの延長線にありますので、スキルというほどのものではなく、工程です。

◇サイト全体の着地点の理解とその下層カテゴリーの理解
一つのサイトには多くの記事コンテンツが入ります。そこで避けなくてはならないのは、カテゴリーの下層ページ内での内容重複です。

ここで求められるスキルはWebディレクターのように一つのサイト構成をできるレベルのものです。

◇ターゲットの把握

マーケットは基本的に潜在ユーザーと顕在ユーザーに分かれます。

それぞれに対しては別の発信をしなければユーザーの「無関心の壁」は破れません。

そこで必要になってくるのが

対顕在ユーザー:

ペルソナ設定をしっかり行い、ユーザージャーニーマップやマインドマップの作成スキルが求められます。

これがあって初めてユーザーのニーズや行動が把握・予想できますので、そのターゲットを行動に導くコンテンツ作成の工程に入ります。

対潜在ユーザー:

この層の掘り起こしは、物理的なツールだけではできません。潜在層の取り込みはサイト制作では欠かせない分母の大きい部分です。

長くなるのでまた次回続けますが、今後コンテンツファーストでサイトを作る場合、最初の設計図を作るのは我々のようなコンテンツ制作会社になってきます。

その際にサイトの全体像を理解できるライティングスキルが求められるようになってくるわけです。

…続く

2013年8月22日 (木)

たまに全くライティングと関係のない話ですが~ワタシの疑問

WEBライターの方には先にお詫びしますが今回は全くライティングと関係のない「ワタシの」ごく個人的な疑問です。

ここ数年答えを見つけることも出来ずに歯がゆい思いをしていることです。
どなたか答えをご存知でしたら是非教えてください。「こう思う」でも結構です。

同じ疑問をfacebookにも書きたいと思います。

■「コンサート会場や競技場などでの携帯、デジカメで何故ストロボやフラッシュ?」

よく大きな会場でスポーツ、音楽に関わらず一斉にカメラのフラッシュがたかれたりしますよね。
目標とする被写体までは数十メートル以上ある距離で。

どんなに高性能なカメラでもフラッシュで明るくできる距離はせいぜい数メートルです。
にもかかわらず、何故フラッシュをたくのでしょうか?

極端な話、野球の試合などでフラッシュを使って選手を写そうと思っても、せいぜい2~3列先にいるオジサンの頭が明るくなる程度です。
逆にフラッシュを使わないほうが当たり前ですがちゃんと撮れます。

なのに、何故????みなさん気が付かないのでしょうか?

ちょっとどうしても気になったので書いてみました。
ベストアンサーお待ちしております。

2013年8月18日 (日)

WEBライティングの全ては「リライト」にあり パート2

前回リライトに関して書きましたが、一部追加で説明したい部分がありますので是非一読下さい。

■視点について

WEB上の既存の文章をリライトする場合もっとも簡単なのが「視点」の切り替えで切り口を変える方法です。

前回の例文を参考にしましょう

まず
1)ソースとなる記事

ですがこれは「幹事」の視点で書かれています。視点という言葉が分かりにくければ「主人公」だと思ってください。

例文1)では主人公である合コンの幹事が、「自分」を中心に記事を書いています。

それでは例文3)はどうでしょうか?

こちらの主人公は「合コンに誘われる男子」です。その主人公の視点で書いていますので、あれだけ違った記事に仕上がります。

■切り口は無数にある

このように考えれば、今度は「合コンに行く女子」を主人公にして書くこともできますし、「どこから物を見るか」で視点の変化がつけられます。

もう一つリライトで大切なことは

元になる記事を見ながら書かないことが重要です。

見ながらだとついついソースとなる記事に「引っ張られて」しまい非常に似たものになってしまいます。

まず一通り読んで、「結論として言いたいこと」だけをアタマにインプットしましょう。

それから自分で「視点」を決めて、リライトしてみる習慣を付けるようにしましょう。

最初は時間がかかるかも知れませんが、リライトのレベルアップがライターとしてのレベルアップに直結しますので是非挑戦してみてください。

2013年8月15日 (木)

WEBライティングの全ては「リライト」にあり

WEBライティングの基本は「リライト」にあります。初心者~中級者の方でもリライトに対する認識は「元の文章の内容を変えずに、自分の言葉で文章にすること」、そのように考える方がほとんどです。

実際そのようなスタイルの「本当の意味での」リライトを求められる場合もあります。従ってあながち間違った認識ではありません。

ところがWEBライターもAランクともなると、あらゆるWEB上の記事を「自分のオリジナル」にするテクニックを持っています。ライティングの度に自分の知識のみで書いてしまうと、泉はいつしか枯れてしまいます。

悪い言い方かも知れませんが「いかにうまく他人のふんどしで相撲をとるか」で、ライターのランクは異なってきますし、1記事に費やす時間も短くなります。

では何故「ただ言葉を置き換えただけ」のリライトが評価されないかといいますと、例え違う言葉を使っていても「ほぼ同じ内容の記事」であればグーグルなどの検索サイトではミラーサイト(コピーしたサイト)と判断されてしまいます。

では具体的な例を挙げて説明しましょう。まず下記の記事を元に「別のオリジナル記事」を作成するとします。


1)ソースとなる記事

記事タイトル

■合コンの幹事はつらいものです

合コンと聞けば、期待に胸をふくらませる男子は少なくありません。それでも現実では、いつも楽しいことだけではありません。幹事ともなればそれは大変です。事前のセッティングがまずは大変です。

<会計は頭が痛い>

仮に誘われて行ったとしても実際には好みの子に出会えないケースがほとんどです。、逆に女性がが乗り気じゃなくて盛り上がらなかったり。極めつけはお会計でしょう。幹事ともなればその席では、ワリカンにするのか女性からも頂くのか悩みます。


ではこれを、そのままリライトした例が下記です。(ほぼNGな例です)


2)悪いリライト例

記事タイトル

■合コンの幹事はとても大変


男子ならだれでも合コンには興味があります。ほとんどの方がそうでしょう。ところが現実はそう甘くはありません、辛いことのほうが多いようです。まず事前のセッティングのことも考えないといけませんし、決してラクではありません。

<支払いはどうするの?>

自分の意思ではなかったとしても、そこで好みの異性を見つけるのは簡単ではありません。必ずしも男女とも盛り上がるわけでもありません。楽しくなくても幹事ともなれば、支払いの場も仕切らなくてはなりません。そんなときにワリカンを伝えるのは大変です。



上記1)と2)を比較してみてください。確かに言葉は変えられていますのでコピペにはなりませんが、文章の流れや内容はほぼ同じです。


きちんとしたリライト(オリジナル性の高い分巣用)のコツを覚えましょう。たったこれだけです。


■記事の視点、切り口、着地点のどれかを変える

この記事で「合コンの幹事」を中心に持ってきてしまうと、どうしても似たような文章になります。

ところが後半の「支払い」や「好みの女子」をメインテーマにしてしまえばがらりと変わったオリジナル性の高いものになります。

一つ例文を書いて見ましょう。

3)切り口を変えたリライト例


記事タイトル

■合コンで好みの女子はみつけにくい?

女性であればどうしても合コンなどでは「人数合わせ」のために強引に誘われるケースも少なくありません。中には彼氏がいる女子だっているでしょう。そんな「とりあえず数合わせ」の合コンで男子が好みの女子と出会える確率は限りなく低くなります。

幹事の口車に乗せられて行ったはいいけど、そんなケースが多いようです。

<それでも支払いは男子負担?>

それでも幹事が必死になって女性を集めた以上、お会計の負担は必然的に男子に不利になってしまいます。お金だけ取られて、結局楽しくもなく、女子と知り合うこともできずに終わり。それが今の合コンの現実かも知れません。


いかがですか?このように切り口を変えれば一つの記事から無数のオリジナル記事を生む想像力&創造力を養うことがWEBライターに求められる力量です。

そのためにはひたすら多くの記事を書いて練習につとめましょう。

2013年6月12日 (水)

久しぶりの更新ですね 今日は日本語の深さについてです

毎日梅雨空が続く、一年で一番嫌いな季節です。

前回の更新は自分でも記憶が無いくらいですからかなり前だったと思います。

私自身発信したいことはたくさんありますが、ブログを書く時間もままならず、という現実です。

ライティングに関してももっともっとお伝えしたいこともあるのですが、細かい技術的な部分は会社のHPの中のブログで続けていくつもりです。

毎回宣伝のようになってしまいますが、同じHPの中にライター視点での記事も満載ですので是非一度ご覧下さい。
http://kzoffice.jp/blog/

数名のライターに全くフリーで書かせていますので、ライターを目指す方には参考になると思います。

私自身いまでも社内で数名のAランク候補のライターを育成中です。
ただ記事レベルが上がれば上がるほど添削にも気を使います。
誤字脱字のレベルではありませんので結構やっかいです。

最近多いのが、同義語で「この言葉でもいいけれど、文脈からすればこちらの言葉か?」というレベルの添削です。

例をあげてみましょう。

例えばみなさんは下記のような言葉をしっかりと使い分けできるでしょうか?

■「対応」と「応対」
■「規定」と「規程」
■「改定」と「改訂」

意味が異なる言葉もあれば、前後の文脈で使い分ける必要があるものもあります。

これがすんなり使いこなせている方、是非うちの会社でお仕事お願いいたします。(笑)

実は先日もオールアバウトの記事で、「あれ?」と思うことがありました。
この続きは会社のHPで書きますので、是非読んでくださいね。

日本語というのは奥が深いですね。

2013年5月24日 (金)

最近年齢、性別を越えてWEBライターに挑戦するかたが増えてきました

こんばんは

と言っても深夜ですが、ライターと共有しているスカイプを見るとまだほとんどみんなオンラインです。

ムリはするなと言っても、やはり仕事ですので月末が近くなるとみんなかなり締め切りに追われだします。で、ほぼ全員月明けには「死んだような」放心状態になるようです。

一区切り付くのはいいことなのですが、月が変われば又新しい締め切りに追われることになります。

そこであまりに「気を抜きすぎる」とライター病になってしまい、イチからモチベーションを上げるのに苦労するはめになってしまいます。一年中五月病と戦うようなものです。

書くのも自由、書かないのも自由ですが、自己管理が難しい仕事に違いないですね。

会社のHPでは希望者には、「好き勝手に」コラムを書いてもらっています。

ライター視点での文章なので、一度参考に読んでみてください。

http://kzoffice.jp/blog/

2013年5月21日 (火)

オーバーエイジの初心者ライターの方、もっとご応募下さい

こんばんは、今日は日中は30℃近い暑い一日でした。

以前このブログで、高齢者の方の応募が増えている、と書きましたが最近ますます元気な方の応募が多くなってきています。

WEBライターは決して若い人だけの仕事ではありません。

勿論人生経験を積まれている方ならではのメリットもあれば、やはりデメリットも存在します。

ただ不思議なことに女性の応募者は35才あたりをピークに一気に少なくなります。
逆に男性の場合は50代の方が高いモチベーションで応募されてきます。

本来、年齢や性別に関係なくできる仕事ですので、年齢の枠を超えてもっと多くの方に挑戦して頂きたいと思います。

みなさんが心配されるPCスキルはこの仕事に必要なのでしょうか
ある意味YESの部分もあり、NOの部分もあります。

さてここからの詳細は会社のブログで続けたいと思います。
宜しくお願い致します。

2013年5月17日 (金)

ブログの引越しを考えましたが・・・

こんばんは、何となく意味深なタイトルですが、会社のHPの記事は書きつつこちらも継続出来ればと考えています。

そのかわり、これまでのような「文章の書き方」的な部分はあっちに書いて、ここではより個人的に感じたことなどを続けようと思っています。

最近色々な募集をかけている個人(?)や会社の広告などを見るようにしています。
あまり他の方がどのような募集をされても、実際は関係ないのですが。。

以前と比べるとパンダのせいか「ひたすらブログライター」を募集する所は少なくなったようですね。


他の会社でそれなりに稼いでいるような方も応募してこられます。
やはり同時に複数の案件を、(それも書ききれないくらいムチャ振りするような会社は少ないのでしょうね、きっと。

これを読んでるうちにライターの方はきっと「うんうん」などとうなずいているのが見えるようです。笑
いつも書いていますが、安定した収入を求めるなら、少ない所と長いお付き合いをされるのが一番の選択肢だと思います。
決してうちである必要はありませんので、自分で「居心地」のいい場所を探すようにするのはとても大切だと思います。

精神的に落ち着いて仕事が出来る環境を最優先して、仕事を探してみてはいかがでしょうか?
なんだかゆるい事を書いてしまいましたが、こんな内容じゃつまらん!という方は遠慮なくおっしゃって下さい。
それでは終わりの無い仕事に戻ります。

P.S
あ、会社のサイトでは他のライターの方のコラムも読めるように内容を充実させていきますので、こちらもどうぞ宜しくお願い致します。
http://kzoffice.jp/blog/

2013年3月28日 (木)

初心者向け WEBライティング講座 NO2 「段落と改行」

最近話題の『ストレートニュース』ですが、アメリカドラマにしか興味の無い私には無縁です。

元々ニュースステーションなので初めて用いられたニュースの読み方が語源になっています。



さてちょっと間が空いてしまいましたがライティング講座の2回目です。


■今回は段落と改行について勉強しましょう。



そもそも段落や改行は
は何の為にあるのでしょうか



商業的な
文章はあくまで読み手に向けて発信するものです。決して自己満足の為に書くブログではありません。



報酬
をもらってクライアントから依頼を受けているわけですので要求に沿った物を納品する義務会社やライターにはあります。



応募される方でも、
意外に無頓着な方が多いのには驚きます。これはWEBライティングの基本中の基本ですので覚えておきましょう。



WEB上の記事をみれば分かりますが、ほとんど100文字程度で一つの段落が作られています。

どこかの会社にサンプルやテスト記事を提出する際にも参考になりますので是非覚えておきましょう。当たり前ですが、クライアントとしては納品された記事は、出来れば手間をかけずにそのまま使用したいものです。




うちに送られてくる応募者の方のサンプルもさまざまです。全く改行や段落付けがされていなかったり、逆に句読点ごとに改行されていたりします。



句読点も、多すぎると読みにくい文章になってしまいます。
弊社ではクライアントに対して段落サンプルを提示して選んで頂いています。




■段落と改行の
サンプルをご覧ください■



絶対にやってはいけない、改行や段落がないもの~NGパターン1


恋愛は誰にでも体験出来るものです。だからこそ自分の感情を否定することはありません。そんな時には思い切りも必要になってきます。出会いというものは、対象となる相手に対する気後れをなくすことから始まります。誰でも気になる異性には夢中になりますし、それはごく普通の感情です。相手にも同じ感情を持ってもらうことが出来れば、お互いの距離は一気に縮まりますので、すばらしい関係に発展する可能性も!実際のお付き合いと言うゴールをみだれもが求めるのはごく自然なことです。恋愛経験が豊富な人であれば尚更、身近な出会いも期待できるに違いありません。

これではせっかくの文章もだいなしです。読む気にもなりませんね。



○NGパターン2 
句読点ごとに改行されているパターン~これもNGです



恋愛は誰にでも体験出来るものです。

だからこそ自分の感情を否定することはありません。
そんな時には思い切りも必要になってきます。出会いというものは、
対象となる相手に対する気後れをなくすことから始まります。
誰でも気になる異性には夢中になりますし、
それはごく普通の感情です。
相手にも同じ感情を持ってもらうことが出来れば、
お互いの距離は一気に縮まりますので、すばらしい関係に発展する可能性も!
実際のお付き合いと言うゴールをみだれもが求めるのはごく自然なことです。
恋愛経験が豊富な人であれば尚更、
身近な出会いも期待できるに違いありません。




○まずはオーソドックスな改行と段落サンプルです


恋愛は誰にでも体験出来るものです。だからこそ自分の感情を否定することはありません。そんな時には思い切りも必要になってきます。出会いというものは、対象となる相手に対する気後れをなくすことから始まります。

誰でも気になる異性には夢中になりますし、それはごく普通の感情です。相手にも同じ感情を持ってもらうことが出来れば、お互いの距離は一気に縮まりますので、すばらしい関係に発展する可能性も!

実際のお付き合いと言うゴールをみだれもが求めるのはごく自然なことです。恋愛経験が豊富な人であれば尚更、身近な出会いも期待できるに違いありません。




○少しアクセントを付けたい場合


恋愛は誰にでも体験出来るものです。だからこそ自分の感情を否定することはありません。そんな時には思い切りも必要になってきます。出会いというものは、対象となる相手に対する気後れをなくすことから始まります。

誰でも気になる異性には夢中になりますし、それはごく普通の感情です。
強調したい1文があればこのように独立させてみましょう

相手にも同じ感情を持ってもらうことが出来れば、お互いの距離は一気に縮まりますので、すばらしい関係に発展する可能性も!

実際のお付き合いと言うゴールをみだれもが求めるのはごく自然なことです。恋愛経験が豊富な人であれば尚更、身近な出会いも期待できるに違いありません。


このように段落付けや改行で読み手に与える印象は大きく異なってきます。ヤフーなどのニュースなどを参考に見てみましょう。


無料ブログはココログ

お気に入り

AdSense