« 2017年8月 | トップページ

2017年9月21日 (木)

「Webライター募集の」タイトルも一新してWebライターお役立ち情報を今後も発信します

01
早いものでこのブログを立ち上げてから5年が経ちました…

過去に数多くのWebライティングマニュアルをアップしてきました。日々Googleのアップデートは行われていますが、その基本は変わっていません。

改めて2017年版、Webライターが募集の前に知っておきたい基礎をお伝えしたいと思います。

Vol1「見出しタイトルはSEO的にもとても大切」

これは私が募集してきたライターに基礎として教えてきた一部です。

■記事タイトルについて

ユーザー(読み手)にとって役に立つ情報であるということが分かるタイトルにする。

 

「抽象的な表現」は訴求力が低くなるので要注意!

 

難しければ最初は、例)「~の方法」「~のヒント」「~のテクニック」「~のルール」などを使ってもかまいません。

 

 

■見出しタイトルは記事の命です! タイトル並に力を入れる!

良く忘れられがちなのですが、タイトルと同じくらいに見出しは重要です。(タグで言うとh2から下のものです)

小見出しの目的は「後に続く内容を端的に表したもの」で、文中の内容を示すタイトルでもあります。

 

タイトルは30文字以内という制限がありますが、小見出しにはありません。出来る限り具体的な事例を入れたり、読み手にイメージしやすく作ってみましょう。

 

SEO的にも大切ですが、記事を読んで頂くという点でも、非常に大切です。

 

Webの世界から有益な記事を探し出す作業=タイトル作り

・記事の中から有益な情報を探し出す作業=小見出しのタイトル

これは範囲は違いますが、意味合いは同じです。

 

その記事の中に「読者にとって有益な情報がどこにあるのか」を示す必要性があります。

 

この部分に注意してみてください。

 

2017年9月 7日 (木)

Webライターとして記事作成会社に応募するメリット

Photo

これまで100人以上のWebライターやSEOライターを育ててきた立場で少し書かせていただきます。

多くの既存Webライターの方はクラウド系の募集でデビューされた方も少なくないでしょう。あるいは実践ではほぼ役に立たないライティング資格?的なものをお持ちの方も…

今私個人がWebプロデューサーとして関わっている立場で、Webライターとして基礎から学ぶメリットについて思うことを書きます。

■ライター応募は全くの未経験者でも歓迎される理由

これは一部の記事作成会社でおこなっていますが、OJTで稼ぎながら基礎を学ぶことができます。

どうしても自己流で書いていると、一つの記事構成すらできないWebライターになってしまいます。

応募されてくる方のほとんどはタイトルの意味、リード文の必要性、導線、見出しタイトルの重要性、記事の流れからまとめ…残念ながらこちらの設定したハードルをクリアされている方はまれです。

教える側の立場で言えば、変なクセの付いた応募者を一から…となると大変な時間がかかります。

過去二年間でおよそ2000人ほどのライター応募の方と関わってきました。その中で採用したのは5%未満でした。

そしてその5%のほとんどはWebライター未経験の応募でした。

中にはダイヤの原石のような方の応募も…自分の素質に気づいていない未経験者の方も少なくありません。

今私の関係している記事作成の法人では、またWebライターを育てようと思っております。

興味のある方はこのブログのリンク先からお問い合わせください。

あるいは個人的にメッセージを頂いても対応させていただきます!Webライティングはお金を払って学ぶものではありません。

実践で学びながら、専属ライターとして応募するのがベストです。これだけはお忘れなく。

« 2017年8月 | トップページ

無料ブログはココログ

お気に入り

AdSense