« ライターの命 誤脱字を減らす変換の際の注意事項 | トップページ | ハイエンドなWEBライターを目指すなら最低限知っておきたいSEO的切り口 »

2014年4月13日 (日)

人のふんどしで相撲を取る

こんなことわざがあります。

うちの場合の会社名英語ですとK'z officeとなりますがいきなり現れた個人で K'z createという名前を使っています。
普通に社名(ここの場合法人ではないので社名ではなく屋号ですね)でK'zというのを偶然思いつくはずもありません。
記事作成代行でググるとなんとここがうちより上にいます???
肝心のHPの中はほとんど空っぽ。
うちとは全く無関係なところですので、弊社と間違えて応募などしないでくださいね。
(応募するなという意味ではなく「うちの会社」と間違えないでくださいという意味です)

自由競争の世界ですので似た名前を語るのは自由です。
これも有名税と思えばいいのでしょうが、個人的には非常に憤りを感じてしまいました。
これがうちのページですが
Kz
検索ではこんな表示が・・・
2
イヤな世の中になったものです。ドメインURLを見ると、その名前とは全く関係のないものです。
そこまでしたいのならどうぞ、という感じですね。

« ライターの命 誤脱字を減らす変換の際の注意事項 | トップページ | ハイエンドなWEBライターを目指すなら最低限知っておきたいSEO的切り口 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1315519/55760526

この記事へのトラックバック一覧です: 人のふんどしで相撲を取る:

« ライターの命 誤脱字を減らす変換の際の注意事項 | トップページ | ハイエンドなWEBライターを目指すなら最低限知っておきたいSEO的切り口 »